福山市北部

福山市北部エリアは、福山駅前から北へ約6-7キロ辺りに広がります。JR福塩線、国道486号線、国道313号線、国道182号線が主要な幹線となっており、大規模商業エリアや病院、文化施設、大学等が存在します。隣接する岡山県笠岡・井原へのアクセスも便利です。歴史史跡も多く、ノスタルジック感が漂う閑静な街ですが、福山市の計画として今後も幹線道路の開発が進められるエリアで、北部エリア全体の賑わいが活性化される見込みがあります。芦田町には市立動物園があり、週末には家族連れでにぎわいます。

福山市西部

福山市西部エリアは、福山駅前から西へ約10キロ辺りにあたります。JR、国道2号が主要幹線です。JR松永駅を中心に、店舗や施設が並び、福山大学・近畿大学附属広島高等学校・中学校福山校などもあります。西側は尾道市と隣接し、福山西ICからは「瀬戸内しまなみ海道」を利用することで四国方面へもアクセスできます。東側は福山中心エリアと隣接している利便性の良いエリアです。県内唯一の遊園地「みろくの里」があります。

福山市南部

福山市南部エリアは、福山駅前から南へ約4-5キロ辺りに広がる海に囲まれたエリアです。入江大橋、芦田川大橋、国道182号線、県道380号線、福山駅箕島線が主要幹線となっています。福山夏祭りの恒例イベントである花火大会は芦田川大橋付近で開催され、毎年賑わいを見せています。2020年には体育館を中心とした複合スポーツ施設「エフピコアリーナふくやま」が完成しました。芦田川大橋を渡った水呑町も区画整理事業が完了し、近年人気が高まりつつあります。福山市の名産クワイの生産が盛んです。

福山市東部

福山市東部エリアは、福山駅前から東へ約3-5キロ辺りに広がる福山駅前に次ぐ利便性の高いエリアです。JR東福山駅、山陽自動車道の福山東IC、国道2号線、国道182号線など主要幹線へのアクセスが良く、交通の利便性が高いのが魅力の一つです。ショッピングモールや郊外型店舗も多く、福山市の中でも住みやすい街のイメージが強いエリアです。高層マンション、戸建住宅・オフィスなどの立地も盛んです。